トップページ

長戸り子 ジョギングはじめる


呼吸法は個人差がる


2回吸って2回吐く、2回吸って長く1回吐く、他、独自の呼吸法など。
自分のリズムで行なうのがその人その人に合った効果的な呼吸法とのこと。
ゆっくペースで走る時は深く大きな呼吸、ペースが上がって呼吸が苦しい時には吐くことにしっかり意識する。

ペースに合った呼吸法


ゆっくり走るとき、4回吸って4回吐く「すすすす、はっはっはっはっ」。
少しスピードを上げたいとき、2回吸って2回吐く「すす、はっはっ」。
さらに速いスピードで走りたいとき、2回吸って1回で吐く「すす、はー」。

呼吸でリズム作り、そのリズムで走る


このリズムは4拍子(4歩に1呼吸)と3拍子(3歩に1呼吸)が多いのですが、一般ランナーでは3拍子の人は少ないようです。  
ポイントは「息を吐く」ことに力を入れ、なめらかに大きく吐きます。息の流れを「スウ・スウ・ハク・ハク」と区切らないで、スムーズに「スーッ、ハーッ」と呼吸。


参考

  • 最終更新:2016-12-15 16:50:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード